シノレビのおもちゃ箱

海と山に囲まれた小さな町で暮らしています。 花と卵生メダカと釣りのことなどを中心に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新顔もカエル顔です。

海水水槽にへんなヤツが来ました。
「マンダリンフィッシュ」という魚です。生態は魚とはいえ、底を這っています。
そしてこの「カエル顔」。
それにしてもコイツ、なんでこんな色が必用なでしょう?目立ちすぎでしょ。
臆病なので撮るのは難しいです。

kai1.jpg

「敵情視察!」
kai2.jpg

スポンサーサイト
  1. 2011/09/25(日) 22:06:01|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

台風一過

みなさん、台風の被害どうでした?
うちは南風が強くて、雨が少なかったので庭の草花は潮風で大分茶色になってしまいました。
被害は庭植のレモンとサクランボが45°位に傾きました。
今日は朝から片付けで軽のワンボックスでに満載した枝を山へ2回捨てに行きました。

りんごも避難出来ない物はご覧の通りです。来年からは防風ネットを準備しようと思って
います。

10201.jpg

先週は久し振りにこんなとこへ行ってしまいました。
これじゃ、何処かわかんないですよね。

10202.jpg

  1. 2011/09/24(土) 00:10:40|
  2. 季節の庭
  3. | コメント:3

ビナンカズラ

庭の垣根にずいぶん前から「ビナンカズラ」が生えています。
たぶん、鳥さんが運んできた種から生えたものだと思いますが冬に真っ赤な
こんぺいとうのような実が付くのが好きで残してあります。

いままで、花は気にしたことなかったんですが先日、ふと見上げてみるととても
可愛い花を見つけました。

154.jpg

151.jpg

秋も深まってくるとこんな可愛い実が付きます。
153.jpg
  1. 2011/09/15(木) 23:26:05|
  2. 季節の庭
  3. | コメント:4

たまには「卵生メダカ」でも その3

ノソブランキウス マライッセイ DRCH2008-06

前の2種に比べると大きさは2周りほど大きくなり中型のノソになります。
2008年のコンゴ共和国(DRCH)で採集された物です。
体色は赤がない分、少し地味ですが薄い青の地肌にウロコの周りが全てレンガ色で縁取られます。
大きめの魚なので成魚はかなり迫力があります。飼育難度は「中」。

mar1.jpg
mar2.jpg

  1. 2011/09/12(月) 23:17:35|
  2. 卵生メダカ
  3. | コメント:0

たまには「卵生メダカ」でもその2

ノソブランキウス エガーザイ chamakwase TZ08-01

今日もタンザニアのノトブランキウスの仲間です。
エガーザイの仲間は赤系と青系がいるんですがこちらは青系になります。
chamakwaseという場所で2008年に採取された系統です。
飼育難度は「中」位ですがこの種は特にノト特有の病気に掛かり易いため
何代も維持していくのはかなり難しいです。

きょうの写真はかなりピンポケです。

ega1.jpg

ega2.jpg

  1. 2011/09/11(日) 21:21:36|
  2. 卵生メダカ
  3. | コメント:2

たまには「卵生メダカ」でもその1

秋だというのに今日の天気はなんなんでしょうか?
庭の草取りをやってると熱中症になりそうです。

先週少し体調を崩し、カゼをひいたのと、腕が突然腫れ上がり、化膿しました。
おかげで毎朝出勤前に点滴に通ってます。

最近blogネタが乏しいので「生き物」でも紹介します。
って、私、「日本卵生メダカ倶楽部」の関東支部長なんですよ(笑)

今日は私が大好きなアフリカの年魚の仲間です。
ノソブランキウス カージナリス KTZ85-28(N.cardinalis)
というなにやらヤマハのワークスレーサーみたいな名前が付いています。
TZはタンザニアで1985年に最初の個体が採取されたと言う意味です。

大きさは5cm位ですが成熟したオスは全身真っ赤になり、これぞ卵生めだかって
感じです。飼育は難しくはないですが、稚魚が非常に小さく、初期はインフゾリアを与える
必要があるためちょっと厄介です。

tz2.jpg

tz1.jpg

  1. 2011/09/11(日) 00:38:22|
  2. 卵生メダカ
  3. | コメント:0

サギ草

昨年、花友さんからサギ草の球根を用土と栽培要領付きで頂きました。
ポイントは用土の球根を並べてミズゴケを1cm位被せて、腰水で育てること。
いままで初夏に水切れさせてしまい花を付けないことが多かったんですが、
おかげさまで今シーズンは球根が2倍以上に殖えました。
それぞれの環境に合わせた条件を作って育てることが大事ということを再認識しました。

sagi2.jpg

sagi1.jpg
  1. 2011/09/04(日) 14:48:48|
  2. 季節の庭
  3. | コメント:2

プロフィール

シノレビ

Author:シノレビ
生き物大好き!花大好き!自然大好き!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。